歯の専門家の歯科医院で口腔内の悩みを解決|食事に不自由なく生活

歯のトラブルは  誰でも起こる可能性がある

インプラントとは

口腔内の病気は恐ろしいものです。放置しておくことで、深刻なトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
例えば、虫歯を治療せず、痛みを我慢しながら放置してしまうと、悪化してから病院に行っても治療ができないほどボロボロになってしまいます。
その場合、歯は治療ではなく取り除くことになるので、食事や外観上必要な歯の場合は非常に不便になります。
歯は、生活において大事な役割を担うものです。
欠損した歯を補う治療として近年歯科医院で行われる治療が、インプラントです。

インプラントは、様々な治療に使われます。「インプラント」という単語自体は体に埋め込む器具の事を全体的に指す言葉で、歯科だけでなく全身の治療で用いられます。
欠損した体の一部を人工物で補う治療法で、歯科以外には骨折の治療や関節の補強、心臓に用いられるペースメーカー等があります。
歯科の場合、病気や事故で失われた歯の代わりに埋め込む事で、生活の不自由を軽減することが出来ます。
歯が失われてしまうと、外観が損なわれるだけでなく、噛む力のかかるバランスが悪くなり、他の歯に負担がかかってしまうというデメリットがあります。
噛み合わせも悪くなるので、将来的に考えても歯がない状態を長く続けることは得策ではないのです。
そのため、失われた歯は歯科医院でのインプラントでしっかりと補う事が大事です。インプラントを行なうことで、二次的なトラブルを防ぎ、外観と機能の両方を保つことができるのです。